岡本電機株式会社

HOME > 開発実績 > 紙工分野 マシン制御・生産管理

紙工分野 マシン制御・生産管理

段ボール製造のプロセスを一元管理。独自技術が、最先端を支えます。

段ボール製造ラインの制御は、これまで岡本電機の業務の主軸を担ってきた中核事業。電子化の黎明期から蓄積してきた独自の技術から生まれる製品は、製造現場でも欠かす事のできない役割を担います。

段ボール製造プラント(コルゲートマシン)制御

Σ2000によるプロセスコントロール

<主な機能>
段取り替え制御
生産データの分配
オートクルージング
運転速度記録
停止要因集計
ロス集計
不良情報検索

多彩な製造マシンで構成されるラインをオンラインで統括し、一元コントロール。安定した製造環境の維持と業務・コストの効率化に、大きなメリットをもたらす制御システムです。全長約120mの段ボール製造ライン全体を管理し、高速できめ細かい制御によりロスを最小限まで低減します。

Σ3000ドライエンドコントローラ

Σ3000ウエットエンドコントローラ

Σ2000ドライエンドコントローラ

Σ2000ウエットエンドコントローラ

高速省配線システム

アナログ信号、制御信号等を高速に遠隔入力

海外規格適用装置

UL認可取得電気制御装置

CE規格適合電気制御装置

段ボール製函ライン電気制御装置

平盤打抜機電気制御装置