岡本電機株式会社

HOME > 岡本電機について > 企業概要・沿革

企業概要

社名 岡本電機株式会社
代表者 代表取締役 岡本茂義
所在地 広島県尾道美ノ郷町本郷455-8(尾道工業団地内)
Tel. 0848-20-5810(代)
Fax.0848-20-5811
資本金 8000万円
創立年月日 1952年4月
従業員数 92名
売上高 12億5000万円(2018年3月期)
事業内容 産業用制御装置の開発・製作・アフターサービス(電子設計、電気機器設計、
プログラム開発 等)
製品例

段ボール製造プラント生産管理システム、段ボール工場総合管理システム、
紙器・紙工・印刷機械電装品、画像検査装置、JR新幹線在来線車両ブレーキ制御装
置、舶用メインエンジン遠隔操縦装置、各種監視盤、鉄道車両基地設備電装品 他

主要納入先 三菱重工業株式会社、大手段ボール・紙器メーカー各社、公共インフラ各所
取引銀行 中国銀行、広島銀行、三井住友銀行

アクセスマップ 弊社への地図はこちら

沿革

昭和12年 1937年 神戸にて創業(陸上及び船舶電気品の修理)
昭和21年 1946年 尾道に移転
昭和27年 1952年 法人組織に変更(会社設立)
三菱電機自動車電装品特約販売及びサービス店となる福山営業所開設
昭和31年 1956年 三菱重工業株式会社 三原製作所殿と取引開始
紙工機械制御装置の取引開始
昭和43年 1968年 尾道山波町に新築移転
昭和45年 1970年 IC応用制御回路開発
昭和48年 1973年 舶用リモコン装置(NK規格適合)納入開始
昭和51年 1976年 マイクロコンピュータ制御システム開発
昭和56年 1981年 段ボール製造プラント生産管理装置Σシリーズ納入開始
昭和58年 1983年 平盤打抜機制御装置納入開始
平成4年 1992年

画像処理検査装置開発

平成5年 1993年 情報処理システム開発
平成7年 1995年 6000トン橋梁ベントアップ制御装置納入
UL規格認定取得 UL規格適合段ボール製造プラント用制御盤納入開始
平成10年 1998年 CEマーキング適合制御盤(欧州向け製函機用制御盤)納入開始
平成12年 2000年 段ボール製造プラント生産管理装置∑シリーズ(第五世代:∑2000)納入開始
鉄道車両昇降装置納入開始
舶用電子ガバナ制御装置納入開始
平成14年 2002年 現社屋(尾道工業団地)に新築移転
電気工事業者登録(広島県知事登録第14053号)
排水機場ポンプ設備納入開始
平成15年 2003年 河川監視遠隔制御システム納入開始
平成17年 2005年 段ボール平盤打抜機用制御装置納入開始
平成20年 2008年 UL規格適合カナダ向け自動車プラント用制御盤納入
段ボール製造プラント貼合シート全面検査装置納入開始
段ボール製函プラント印刷検査装置納入開始
平成22年 2010年 自動車道トンネル非常用制御装置納入
平成23年 2011年 ISO9001取得
平成25年 2013年 段ボール工場総合管理システム(EC版)納入
平成26年 2014年 本社屋上太陽光発電設置
平成28年 2016年 排水機場遠隔監視システム納入